今週の相場見通し 日経平均株価は28,300円ダブルトップの壁

ペロシ下院議長訪台で米中の緊張が高まりましたが、マーケットの関心は7月CPIと9月FOMCにあるようです。堅調な雇用情勢を受けてFRBは積極的な金融引き締めへ動きやすくなりました。
猫組長 2022.08.07
有料限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

ナンシー・ペロシ下院議長が台湾を訪問したことで中国政府が激怒しています。米中の緊張は一気に高まりましたが、不測の事態には至らなかったのでマーケットもそれほど荒れませんでした。それでは先週のマーケットを振り返りつつ、今週の相場を考えてみましょう。

この記事は有料読者限定です

続きは、4621文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定