今週の相場見通し 日経平均株価は28,300円ダブルトップの壁

ペロシ下院議長訪台で米中の緊張が高まりましたが、マーケットの関心は7月CPIと9月FOMCにあるようです。堅調な雇用情勢を受けてFRBは積極的な金融引き締めへ動きやすくなりました。
猫組長 2022.08.07
有料限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

ナンシー・ペロシ下院議長が台湾を訪問したことで中国政府が激怒しています。米中の緊張は一気に高まりましたが、不測の事態には至らなかったのでマーケットもそれほど荒れませんでした。それでは先週のマーケットを振り返りつつ、今週の相場を考えてみましょう。

この記事は有料読者限定です

続きは、4621文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定