オミクロン脅威論からのリスク回避巻き戻しで200日移動平均線奪回となるか?

オミクロンの脅威論が若干後退したことでマーケットに安心感が拡がりました。先週一週間でダウ平均株価+1390ドル、日経平均株価+408円とリスク回避の巻き戻しが起きています。
猫組長 2021.12.12
読者限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

オミクロンによる感染が急速に拡大していますが、初期段階の分析で「感染力は強いものの毒性は弱い」との見方から、マーケットではリスク回避の巻き返しが起こっています。オミクロンの悲観的観測がやや修正される中、 China Evergrande Group(中国恒大集団)がフィッチ・レーティングスにより長期外貨建て発行体格付けCからRD制限付きデフォルト=部分的デフォルト)と認定されました。 China Evergrande Groupのデフォルトの評価についてはまだ時間がかかるものと思われますが、資源や暗号資産のマーケットはいち早く反応しています。それでは、先週のマーケットサマリーを振り返りつつ今週の相場を考えてみましょう。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3800文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定