今週の相場見通し 企業決算と7月FOMCが材料

米国企業の決算シーズンが本格化した先週、ニューヨーク市場はテック企業が牽引する力強い相場となりました。東京市場では今週から決算シーズンに入り、26日から始まる7月FOMCを迎えます。
NEKO TIMES 2022.07.24
サポートメンバー限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

本格的な夏を迎え、暑い日が続いています。新型コロナウイルスによる感染者も激増しており、夏休みで人の動く時期ですから一層の注意が必要ですね。さて、先週は米国企業の決算を手がかりにニューヨーク市場、東京市場ともに強い相場展開でした。日経平均株価は月足52週移動平均線にタッチし、27,900円台を回復しました。それでは先週のマーケットを振り返りつつ、今週の相場を考えてみましょう。

ニューヨーク市場

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4575文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
相場見通し-日経平均最高値更新後の動きやいかに
読者限定
解説|アジアと日本、経済成長に向けた協調とは
読者限定
割高か割安をPERだけで判断していませんか?投資確度を格段に高める方法...
サポートメンバー限定
相場見通し-今週はエヌビディア1社が世界の市場を動かす
読者限定
解説|日本株続伸するも、日本経済は内需の弱さ続く
読者限定
日経平均が上昇してもなぜ持っている銘柄が上がらない?銘柄選びのポイント...
サポートメンバー限定
今週の見通し-週明け注目の個別銘柄について
読者限定
解説|日経平均株価37,000円!円安の追い風と日銀の"緩和的な金融環...