今週の相場見通し ※限定動画付き

ロシアのウクライナ侵攻が激化しながらも停滞気味となり、マーケットは当面の戦争を織り込んだと言えます。FOMCで利上げ幅が25bpと決定したことも、金融引き締めに対する警戒感を後退させました。
NEKO TIMES 2022.03.20
サポートメンバー限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

ロシアによるウクライナ侵攻は停滞気味と言えども着実に激化しています。ロシア軍も長期化を覚悟した体制に変化しつつあり、今後の展開に注意が必要です。さて、FOMCも無事に通過した米国市場では25bpの利上げに安心感が広がっています。一時的な空白地帯となったマーケットはショートカバーと持高調整で強気な展開となりました。それでは先週のマーケットを振り返りつつ今週の相場を考えてみましょう。

Bloomberg

Bloomberg

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5104文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者限定
解説|BRICSの拡大と加速する米ドル離れ
サポートメンバー限定
5月CPI・FOMCを無事通過した際に押さえておくべき銘柄21選
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|ゴールドの動きにみる世界の分断
サポートメンバー限定
100億円の運用担当者ならどのようなポートフォリオを組みますか?インド...
サポートメンバー限定
相場見通しー世界的な金利上昇が株式市場の重しに
読者限定
解説|人口動態でつかむ経済成長ー株価は10倍以上に
サポートメンバー限定
【必見!】半導体セクターで密かに輝く個別銘柄について深く考察します。