解説|血塗られたゴールド、スーダンで響く銃撃ーチラつくロシアと中国

スーダン国軍と軍事組織の衝突には世界情勢が見え隠れしています。アフリカでも最大規模の国土を持つスーダンの歴史と世界情勢に与える影響を
NEKO TIMES 2023.04.21
読者限定

猫組長TIMESは、短期目線に振り回される投資家を救済することを目的に、マクロかつ中長期の視点からビジネス・経済や為替・株式市場の話題を取り上げます。投資家に限らずビジネスパーソンの方も数多くご登録いただき、16,000人を超える方が購読するニュースレターメディアとして、成長を続けています。

有料版ニュースレターでは、個別銘柄の値動きの解説も行い「売買の意思決定に直接関わる情報」を読者限定で配信しています。日曜日に配信する【猫組長|今週の相場見通し】では為替動向にも触れます。水曜日に配信する中沢氏が分析する日米株式情報も見逃せません。一部配信を有料読者に限定し、個別銘柄を解説しています。そして、有料版読者の皆様には特典として猫組長と直接交流できるオンラインライブイベントへご招待しています。

***

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。毎週金曜日の猫組長TIMESは話題のニュースを取り上げ、経済・ビジネスのトレンドを解説します。

時を遡ること1週間前、スーダンに銃声が響き渡りました。スーダン国軍と準軍事組織「即応支援部隊(RSF)」が首都ハルツーム、中心部の軍司令部付近で衝突したのです。BBC現地記者は爆撃によりライフラインも寸断し、"死が頭によぎる"と伝えます。戦闘で数百人が死亡し、数百万人が電気や水、食料を奪われています。

スーダン情勢の悪化を受けて、日本政府は自衛隊に在留邦人の国外退避に向けて、活動拠点がある周辺国ジブチに自衛隊機を派遣し待機するよう命令を行いました。(防衛省)そして、本日夕方先遣隊5名が出発し、本隊が続きます。スーダンには大使館員や国際協力機構(JICA)職員などおよそ60名の邦人が滞在しているといいます。

本日の猫組長TIMESではいまスーダンで何が起きているのか、スーダン情勢が世界情勢とどう関係しているのか、今後の展開についても整理します。

<本日のトピック>
・権力闘争の歴史
・民主化道半ば、新たな権力闘争の火種
・ロシアと中国の下心

【お知らせ】4月16日にサポートメンバー向けに猫組長・中沢氏によるZOOMライブ配信を行いました。マーケット、注目セクターを解説しています。サポートメンバーの皆様が気になる個別銘柄も分析します。見逃した方はぜひアーカイブをご覧ください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2530文字あります。
  • 権力闘争の歴史
  • 民主化道半ば、新たな権力闘争の火種
  • チラつくロシアと中国

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
相場見通し-日経平均最高値更新後の動きやいかに
読者限定
解説|アジアと日本、経済成長に向けた協調とは
読者限定
割高か割安をPERだけで判断していませんか?投資確度を格段に高める方法...
サポートメンバー限定
相場見通し-今週はエヌビディア1社が世界の市場を動かす
読者限定
解説|日本株続伸するも、日本経済は内需の弱さ続く
読者限定
日経平均が上昇してもなぜ持っている銘柄が上がらない?銘柄選びのポイント...
サポートメンバー限定
今週の見通し-週明け注目の個別銘柄について
読者限定
解説|日経平均株価37,000円!円安の追い風と日銀の"緩和的な金融環...