【臨時版】日興証券相場操縦問題の解説

SMBC日興証券の社員らによる相場操縦疑惑で東京地検特捜部は4日夜、同社執行役員をはじめ、幹部4人を金融商品取引法違反で逮捕しました。市場の門番による市場の公平性を著しく歪める行為は、あってはならないことであり、週明けの注目トピックとなるでしょう。元日興証券社員として、本件をわかりやすく解説していきたいと思います。
猫組長 2022.03.05
読者限定

こんにちは、NEKO PARTNERS中沢です。

4日夜、東京地検特捜部はSMBC日興証券の社員らによる相場操縦疑惑で同社執行役員をはじめ、幹部4人を金融商品取引法違反で逮捕しました。本日は、臨時版として本件をわかりやすく解説していきます。

また、過去の記事にて本件の問題点となっているブロックオファーという取引や、元社員から見た内情を記述しておりますので、初めてご覧になる方は以下の記事を最初に目を通して頂けると、より分かりやすいかと思います。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、5682文字あります。
  • ◆なぜ幹部4人が逮捕されたのか
  • ◆問題点のQ&A

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定