【臨時版】日興証券相場操縦問題の解説

SMBC日興証券の社員らによる相場操縦疑惑で東京地検特捜部は4日夜、同社執行役員をはじめ、幹部4人を金融商品取引法違反で逮捕しました。市場の門番による市場の公平性を著しく歪める行為は、あってはならないことであり、週明けの注目トピックとなるでしょう。元日興証券社員として、本件をわかりやすく解説していきたいと思います。
猫組長 2022.03.05
読者限定

こんにちは、NEKO PARTNERS中沢です。

4日夜、東京地検特捜部はSMBC日興証券の社員らによる相場操縦疑惑で同社執行役員をはじめ、幹部4人を金融商品取引法違反で逮捕しました。本日は、臨時版として本件をわかりやすく解説していきます。

また、過去の記事にて本件の問題点となっているブロックオファーという取引や、元社員から見た内情を記述しておりますので、初めてご覧になる方は以下の記事を最初に目を通して頂けると、より分かりやすいかと思います。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、5682文字あります。
  • ◆なぜ幹部4人が逮捕されたのか
  • ◆問題点のQ&A

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定