岸田は買いか?–新しい資本主義とはなんぞや

岸田首相は「新しい資本主義」を掲げていますが、まだその中身が何か全くわからない状況が続いています。そんな中で滞在先で「資産所得倍増プラン」を発表し、何をどのように取り組みを進めていこうとしているのか国民を置き去りにした言葉ばかりが並んでいます。
猫組長 2022.05.06
読者限定

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。毎週金曜のニュースレターではビジネスや経済のトレンドについて解説しています。日本はゴールデンウィークもあり、マーケットもおやすみモードでした。一方で世界を目を向けると米国においてFOMC(Federal Open Market Committee:連邦公開市場委員会)が開催され、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の発言からマーケットは新たな展開を見せています。週明けから本格化する日本の相場を猫組長はどのようにみているか、毎週日曜日に配信する「今週の相場見通し」も注目です。先週はGAFAをはじめとする米国主要企業の決算をふまえ、5月相場見通しをお送りします。
また、5月は猫組長によるライブ配信を2回予定しています。準備が整い次第、対象の方のみにご案内いたしますのでお早めに下記より有料購読をお申し込みください。

ところで、昨日渡英中の岸田首相はロンドン金融街での講演で「資産所得倍増プラン」を表明し、自らに投資するように訴えました。本日の配信では、岸田首相の「新しい資本主義」をとりあげ、その考え方や何を目指しているのかこれまでの検討や直近の報道を振り返ってみましょう。

<本日のトピック>
・新しい資本主義とは?
・岸田マーケットはどこか
・これから注目したいキーワード

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4564文字あります。
  • 新しい資本主義とは?
  • 岸田マーケットはどこか
  • これから注目したいキーワード

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定