買うも相場なら買わぬも相場-夏枯れ相場におけるポジショニング。

8月相場に突入したマーケットでございますが、8月9月は一般的には夏枯れ相場と言われ、月間騰落率のワースト1位2位に月となります。あくまでアノマリーの1つでありますが、本年は例年通りの動きとなるのか、2022年はどうかという側面から考察していきたいとおもいます。
猫組長 2022.08.03
読者限定

こんにちは、NEKO ADVISORIESの中沢です。本日のニュースレターでは日本、米国のマーケット展望ともに「買うも相場なら買わぬも相場。夏枯れ相場におけるポジショニング。」について解説していきたいと思います。

先週はFOMC、GAFAM決算発表などを無事通過し、上昇したマーケットとなりました。楽観ムードが出てきたマーケットではありますが、昨年までの金融緩和がもたらす上げ一辺倒の相場にはなり得ません。そして引き続き、先行きの見通しが難しい相場には変わりはありません。猫組長が毎週日曜日に配信する「今週の相場見通し」では、日米指数の振り返りとともに1週間の動向を解説しておりますので、ぜひご確認ください。

以下、

◇本日の日経平均

◇皆様は該当しませんか?株式投資をする上で最大の敵は「感情」

◇8・9月相場が月間騰落率ワースト1.2位。夏枯れ相場の到来か。

を記述した内容となっております。ぜひ猫組長TMESを購読の上、お読みください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4931文字あります。
  • ◇本日の日経平均
  • ◇買うも相場なら買わぬも相場
  • ◇8・9月相場が月間騰落率ワースト1.2位。夏枯れ相場の到来か。

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定