今週の相場見通し-FOMC通過後の新局面

FOMC(米連邦公開市場委員会)を通過したニューヨーク市場は、過度な金融引き締めへの警戒感が後退し大幅上昇したのも束の間、翌日には1000ドルを超える大幅下落となりました。インフレ抑制を優先させるFRBにマーケットは神経質な反応を見せています。
猫組長 2022.05.08
読者限定

FOMC(米連邦公開市場委員会)が終了、記者会見でパウエルFRB議長が75bpの利上げについて『活発な議論をしていない』と発言したことで、金融引き締めへの過度な警戒感は後退したかに見えました。発言を受けた4日のニューヨーク市場は900ドルを超える大幅上昇となりましたが、翌日には1000ドル超の大幅下落と不安定な相場展開です。それでは先週のマーケットを振り返りつつ、今週の相場を考えてみましょう。

ニューヨーク市場

2日:3日〜4日に開催されるFOMC(米連邦公開市場委員会)を前に金融引き締めへの警戒感が高まるニューヨーク市場、ダウ平均株価は一時500ドル下落し32,500ドルを割り込む場面も見られました。長期金利が3%をつけるなど弱気材料が多い中でも、ここまでの決算でS&P500企業業績は平均7.1%の増益と堅調さも見られ下げ幅は限定的でした。ダウ平均株価終値は△84.29の33,061.50ドル

この記事は無料で続きを読めます

続きは、5348文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定