今週の相場見通し

今週は米国市場を中心に最高値を更新する場面が見られたものの、20日(木)の半導体を中心とした下落が短期的な調整を示唆した形となりました。週明けは大きなイベントこそないものの160円に迫るドル円や米大統領討論会が話題の中心となるでしょう。本日も来週以降の株式市場について展望を考察していきます。
NEKO TIMES 2024.06.23
サポートメンバー限定

ニューヨーク市場

東京市場

ダウ平均株価見通し

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、7673文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
相場見通し-週末の下落は売りか押し目か
読者限定
解説|漂流するフランス政治:極右の失速と改革の停滞
読者限定
成長投資枠の買い付けランキングトップ10銘柄を独自採点します。
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|英国に押し寄せる赤い波:労働党圧勝と国民の選択
読者限定
出遅れ半導体に勝機到来-中長期面で保有すべき銘柄について解説します
サポートメンバー限定
6月30日開催ZOOMミーティングアーカイブス
サポートメンバー限定
今週の相場見通し