解説|ゴールドの動きにみる世界の分断

金価格が史上最高値圏で推移しています。専門家によると金価格は年内に高値を更新するとの見方も強まっています。ゴールドの値動きから世界経済の流れを考えていきましょう。
NEKO TIMES 2024.06.07
読者限定

NEKO TIMESは、短期目線に振り回される投資家を救済することを目的に、マクロかつ中長期の視点からビジネス・経済や為替・株式市場の話題を取り上げます。投資家に限らずビジネスパーソンの方も数多くご登録いただき、21,000人を超える読者の皆様が購読するニュースレターメディアとして、成長を続けています。

サポートメンバー(有料会員)向け配信では、個別銘柄の値動きの解説も行い「売買の意思決定に直接関わる情報」を読者限定で配信しています。日曜日に配信する【猫組長|今週の相場見通し】では為替動向にも触れます。水曜日に配信する中沢氏が分析する日米株式情報も見逃せません。一部配信を有料読者に限定し、個別銘柄を解説しています。そして、有料版読者の皆様には特典として猫組長と直接交流できるオンラインライブイベントへご招待しています。

***

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。毎週金曜日のNEKO TIMESは話題のニュースを取り上げ、経済・ビジネスのトレンドについて解説します。先日、ニュースレター購読者が2.1万人を超えました。長らくのご購読、興味関心をお寄せいただき誠にありがとうございます。今後とも末永くよろしくお願いいたします。

さて、今週、半導体大手・エヌビディアの時価総額が初めて3兆ドルを超えました。マイクロソフト・アップルについで史上3社目となります。同社はコンピューターゲーム用の半導体チップの製造からはじまり、人工知能(AI)の活用の進展とともに業界を牽引する半導体メーカーへと成長してきました。

テクノロジーの発展により生成AIは時の技術となり、ビジネスへの応用が進み始めました。AI技術の利活用には半導体が必要不可欠です。「ゴールドラッシュ」に例えるなら、半導体は「ツルハシ」だったのです。

半導体業界が盛り上がる中で「ゴールド(金)」そのものの価格も上昇を続けています。米国の貴金属コンサルティング会社は年次レポートで金相場が年内に再び過去最高値を更新するとの見通しを示しました。(ロイター

GOLDPRICE

GOLDPRICE

今晩には米国雇用統計が発表されます。事前予想に対して上振れすることでFRBによる利下げ観測が後退すならば、金価格の下落圧力となる可能性もあります。歴史的にみても最高値圏にある金価格は今後どのように動いていくのでしょうか。

<本日のトピック>
・安全資産としてのゴールド
・地政学リスクの上昇と中国の「爆買い」
・ゴールドが世界の分断と分散を加速させる

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2819文字あります。
  • 安全資産としてのゴールド
  • 地政学リスクの上昇と中国の「爆買い」
  • ゴールドが世界の分断を加速させる

すでに登録された方はこちら

読者限定
解説|BRICSの拡大と加速する米ドル離れ
サポートメンバー限定
5月CPI・FOMCを無事通過した際に押さえておくべき銘柄21選
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
サポートメンバー限定
100億円の運用担当者ならどのようなポートフォリオを組みますか?インド...
サポートメンバー限定
相場見通しー世界的な金利上昇が株式市場の重しに
読者限定
解説|人口動態でつかむ経済成長ー株価は10倍以上に
サポートメンバー限定
【必見!】半導体セクターで密かに輝く個別銘柄について深く考察します。
サポートメンバー限定
相場見通し-日本の金利上昇はどれだけ株式市場に影響を与えるのか