岸田首相に足りないのは”リーダーシップ”

山口組は田岡一雄三代目組長によって日本最大の組織となりました。その後を追うように四代目となるはずだった山本健一若頭も急逝します。山口組は偉大なカリスマと正統なリーダーを失い、四代目の座をめぐり内部対立を深めました。そしてついに分裂、山一抗争へと発展したのです。
NEKO TIMES 2021.11.21
読者限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

朝方に関東地方でM4.6震度3の地震がありました。震源地が東京23区だったので首都直下型地震の前兆かと少々不安になりましたが、地下100kmの深さでマグニチュードも4.6と小さいことからその関連性はないと思われます。

さて、新内閣発足から矢継ぎ早でポンコツ政策を打ち出してくる岸田首相です。そこで今日は、岸田首相に必要なのはリーダーシップですよということを山口組のガバナンスから考察してみました。渡邉哲也さんに岸田政権の評価を聞いた限定動画もありますのでお見逃しなく。

***

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4394文字あります。

すでに登録された方はこちら

読者限定
解説|BRICSの拡大と加速する米ドル離れ
サポートメンバー限定
5月CPI・FOMCを無事通過した際に押さえておくべき銘柄21選
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|ゴールドの動きにみる世界の分断
サポートメンバー限定
100億円の運用担当者ならどのようなポートフォリオを組みますか?インド...
サポートメンバー限定
相場見通しー世界的な金利上昇が株式市場の重しに
読者限定
解説|人口動態でつかむ経済成長ー株価は10倍以上に
サポートメンバー限定
【必見!】半導体セクターで密かに輝く個別銘柄について深く考察します。