積み立てNISAで買っておきたい銘柄と推奨銘柄の紹介

コロナウイルス感染拡大を契機に投資熱が高まりを見せておりますが、何を買ったらいいのか分からないというご質問を多く受けます。ですので今回は、将来への資産、長期投資として何を買っておいたらいいのかを皆様にお伝えしていきたいと思います。
猫組長 2022.03.23
有料限定

【積み立てNISAで買っておくべき銘柄】

をお伝えしていきたいと思います。

前回の記事にて積み立てNISA・NISAどちらがいいのかを考察した記事を配信しております。まだ購読登録していない方はご登録の上、お読みいただければ幸いです。

また、記事の最後には猫組長による編集後記があります。今回も最後までお読みください!

◆積み立てNISAで買付しておきたい銘柄

前回の配信では積み立てNISAと一般NISAの違いや、どちらを選択すべきかというお話をしました。どっちがいいかは人それぞれのお考えや、現時点でいくら投資出来るかにより異なります。まずは、先週の記事をお読みいただき、ご自身がNISAと積み立てNISAどちらが当てはまるかをご確認の上、読み進めていただけたらと思います。

本日は積み立てNISAについてご説明していきたいと思います。積み立てNISAは年40万円✖️20年間の計800万円が非課税になる商品性です。ですので投資先として選択すべきは明日上がる銘柄ではなく、上昇角度の傾斜はともあれ長期的に成長の見込める商品が1番大切な選択項目になります。

そうなった場合、現段階で投資先として選択すべきは米国株でしょう。なぜ米国株がいいのかについては2021年9月の記事にてまとめておりますのでこちらをご確認下さい。

この記事は有料読者限定です

続きは、7762文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定