対岸の火事?中国の挑発と日本の平和ボケ

米国下院議長ペロシ氏が台湾を訪問し、蔡英文総統と対談を行いました。中国はこれを牽制し、台湾を取り囲むように異例の大規模軍事演習もとり行いました。中国と台湾の因縁、米国が台湾に近づく理由を深掘りしていきます。
猫組長 2022.08.05
有料限定

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。先週までは米国の決算や利上げと住宅市場を扱い経済のトピックでした。今週は政治・外交です。やはり「台湾と中国」の話題を取り上げなければなりません。3日、米国下院議長ペロシ氏は台湾を訪問し、蔡英文総統と対談を行いました。(ロイター)なお、ペロシ氏の訪問は過去25年間で最も高位の米政治家となります。

一方で、いずれ台湾は支配下に入るべきと考える中国にとって、ペロシ氏の訪台は”好敵手”アメリカとの接近を意味します。黙ってはいられません。この台訪にあわせて台湾を取り囲むように異例の大規模な軍事演習を行いました。(ブルームバーグ

<本日のトピック>

・台湾と中国の因縁

・米国が台湾に近づく理由

・他人事ではない米中台事情

この記事は有料読者限定です

続きは、3588文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定