対岸の火事?中国の挑発と日本の平和ボケ

米国下院議長ペロシ氏が台湾を訪問し、蔡英文総統と対談を行いました。中国はこれを牽制し、台湾を取り囲むように異例の大規模軍事演習もとり行いました。中国と台湾の因縁、米国が台湾に近づく理由を深掘りしていきます。
猫組長 2022.08.05
有料限定

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。先週までは米国の決算や利上げと住宅市場を扱い経済のトピックでした。今週は政治・外交です。やはり「台湾と中国」の話題を取り上げなければなりません。3日、米国下院議長ペロシ氏は台湾を訪問し、蔡英文総統と対談を行いました。(ロイター)なお、ペロシ氏の訪問は過去25年間で最も高位の米政治家となります。

一方で、いずれ台湾は支配下に入るべきと考える中国にとって、ペロシ氏の訪台は”好敵手”アメリカとの接近を意味します。黙ってはいられません。この台訪にあわせて台湾を取り囲むように異例の大規模な軍事演習を行いました。(ブルームバーグ

<本日のトピック>

・台湾と中国の因縁

・米国が台湾に近づく理由

・他人事ではない米中台事情

この記事は有料読者限定です

続きは、3588文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定