金融政策正常化の加速で市場のバリュエーションも適正化させるか?

FRB(米連邦準備制度理事会)ECB(欧州中央銀行)BOE(英国中央銀行)が揃って金融正常化へ政策転換しました。クリスマス休暇を前にボラティリティの高い神経質な相場展開が予想されます。
NEKO TIMES 2021.12.19
読者限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

早いもので今年も残り2週間ほどとなりました。欧米を中心に世界では新型コロナウイルスの感染が再拡大しています。これまで主流だったデルタ型に加え、オミクロン型による感染者が急増し警戒感が高まっています。オミクロン型については、感染力が高いものの軽症若しくは中程度の症状という報告が見受けられますが、感染者の母数が増えれば重症者数も一定数は増えます。詳細な検証結果を得るにはまだデータと時間が必要だと思います。

インペリアルカレッジ・ロンドンのCOVID-19研究チームは、オミクロン型による重症化リスクがデルタ型より低いという兆候は現時点で無いと発表しました。いずれにしても、オミクロン型の医学的評価にはまだ時間がかかります。それでは、先週のマーケットを振り返りつつ今週の相場を考えてみましょう。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3010文字あります。

すでに登録された方はこちら

誰でも
相場見通し-週末の下落は売りか押し目か
読者限定
解説|漂流するフランス政治:極右の失速と改革の停滞
読者限定
成長投資枠の買い付けランキングトップ10銘柄を独自採点します。
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|英国に押し寄せる赤い波:労働党圧勝と国民の選択
読者限定
出遅れ半導体に勝機到来-中長期面で保有すべき銘柄について解説します
サポートメンバー限定
6月30日開催ZOOMミーティングアーカイブス
サポートメンバー限定
今週の相場見通し