金融政策正常化の加速で市場のバリュエーションも適正化させるか?

FRB(米連邦準備制度理事会)ECB(欧州中央銀行)BOE(英国中央銀行)が揃って金融正常化へ政策転換しました。クリスマス休暇を前にボラティリティの高い神経質な相場展開が予想されます。
猫組長 2021.12.19
読者限定

みなさんこんばんは、猫組長です。

早いもので今年も残り2週間ほどとなりました。欧米を中心に世界では新型コロナウイルスの感染が再拡大しています。これまで主流だったデルタ型に加え、オミクロン型による感染者が急増し警戒感が高まっています。オミクロン型については、感染力が高いものの軽症若しくは中程度の症状という報告が見受けられますが、感染者の母数が増えれば重症者数も一定数は増えます。詳細な検証結果を得るにはまだデータと時間が必要だと思います。

インペリアルカレッジ・ロンドンのCOVID-19研究チームは、オミクロン型による重症化リスクがデルタ型より低いという兆候は現時点で無いと発表しました。いずれにしても、オミクロン型の医学的評価にはまだ時間がかかります。それでは、先週のマーケットを振り返りつつ今週の相場を考えてみましょう。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3010文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定