解説|半導体バブルへ-エヌビディア高騰から考える日本市場・関連銘柄

米半導体大手エヌビディアの株価は一時26%上昇しました。半導体市場はバブルなのでしょうか?市場を考えるにあたって、まずは半導体の基礎情報や関連企業の情報を整理しお届けします。
NEKO TIMES 2023.05.26
読者限定

猫組長TIMESは、短期目線に振り回される投資家を救済することを目的に、マクロかつ中長期の視点からビジネス・経済や為替・株式市場の話題を取り上げます。投資家に限らずビジネスパーソンの方も数多くご登録いただき、16,000人を超える方が購読するニュースレターメディアとして、成長を続けています。

サポートメンバー(有料会員)向けでは、個別銘柄の値動きの解説も行い「売買の意思決定に直接関わる情報」を読者限定で配信しています。日曜日に配信する【猫組長|今週の相場見通し】では為替動向にも触れます。水曜日に配信する中沢氏が分析する日米株式情報も見逃せません。一部配信を有料読者に限定し、個別銘柄を解説しています。そして、有料版読者の皆様には特典として猫組長と直接交流できるオンラインライブイベントへご招待しています。

***

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。毎週金曜日の猫組長TIMESは話題のニュースを取り上げ、経済・ビジネスのトレンドについて解説します。

市場関係者の予想を大きく上回るエヌビディアの売上見通しは株価を大幅に上昇させました。第二四半期のアナリスト予想71億ドルに対して110億ドルの見通しを示し、株価は一時26%の上昇を見せました。

エヌビディアの上昇につられるように各国の関連銘柄を押し上げます。あるアナリストは「新たなゴールドラッシュが到来した」といいます。生成AIをはじめ半導体に関連するテクノロジーが目覚ましく発展を遂げている中で最も注目されているカテゴリと過言ではないでしょう。

しかしながら、半導体という製品がどのようなものなのか、なぜ注目されているのか理解が十分でない方も多いのではないでしょうか。本日は業界の全体像を整理していきます。

<本日のトピック>
・半導体とは何か
・需要爆増、なぜ半導体市場が伸びるのか
・世界のトッププレイヤーと国内主要企業
・米中の覇権争いも過熱

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4069文字あります。
  • 半導体とは何か
  • 需要爆増、なぜ半導体市場が伸びるのか
  • 世界のトッププレイヤーと国内主要企業
  • 米中の覇権争いも過熱

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
相場見通し-日本の金利上昇はどれだけ株式市場に影響を与えるのか
読者限定
解説|東アジアの火薬庫、中国が覇権をねらう
読者限定
NTTはなぜこれだけ大きく下がったのか-株式分割が生む需給のマジック
サポートメンバー限定
相場見通し-日米相場はエヌビディアに託された
読者限定
解説|増える自社株買い、資産を増やすチャンスか
読者限定
金利上昇・インフレは不動産にとってマイナス?プラス?不動産セクターの今...
サポートメンバー限定
相場見通し-日米で狙うセクターを変える局面に到来か
読者限定
解説|企業は儲かれど、個人には行き渡らずートヨタ営利5兆円超え