今週の相場見通し10月4~8日-中国の複合的リスクで29,000円割れの日経平均は?

恒大集団のデフォルト問題で警戒感の高まる中国では、電力不足という新たなリスクが顕在化しました。経済指標からも中国経済に赤信号が灯っているのは間違いない。
猫組長 2021.10.03
読者限定

みなさんこんにちは、猫組長です。

日本では岸田文雄氏が自民党新総裁に決まり、明日の臨時国会で第100代総理大臣に任命される見通しです。菅首相の辞任発表から、新政権への期待で上昇していた日経平均株価でしたが、新総裁が決まってその上げが帳消しになった形です。

岸田新総裁に決まってから1週間で日経平均株価は1500円近く下落しました。下げ幅としてはおよそ1年半ぶりの大きさです。金融所得課税見直しなど株式市場にとってネガティブな公約が原因という声もあります。しかし、金融所得課税の見直しについては総裁選前から公約として掲げており、後付けの理由にしかなりません。

日経平均の下落は新総裁への過度な期待で急上昇したことの調整と、中国市場への警戒感、米国債務上限問題、長期金利の上昇が原因と分析するのが妥当です。

それではニューヨーク市場と東京市場について振り返ってみましょう。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3397文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定