金利上昇・インフレは不動産にとってマイナス?プラス?不動産セクターの今後について考察します。

日本では年内2回の利上げの話題が飛び出し、金利上昇による弊害・メリットについて関心のある方が多いのではないかと思われます。本日は特に不動産にスポットライトを当てて、考察していきます。
NEKO TIMES 2024.05.15
読者限定

NEKO TIMESでは、短期目線に振り回される投資家を救済することを目的に、マクロかつ中長期の視点からビジネス・経済や為替・株式市場の話題を取り上げております。投資家に限らずビジネスパーソンの方も数多くご登録いただき、おかげさまで読者様も20,000人を超えました。引き続き、有益な情報提供ができるよう、精一杯取り組んで参ります。

NEKO ADVISORIESは新規会員募集を再開いたしました。現在400名以上の方にご入会頂いております。会員が一定数を超えましたら、再び新規入会を制限させて頂きます。ご興味のある方はこの機会にぜひご入会をどうぞ。

                 申し込みはこちらか

以下、

不動産セクターを取り巻く環境

金利が上昇したら不動産は下がる?

価格の上昇はバブルでありいずれ崩壊する?

パワーカップルでも買えない域まできたのだから下がる?

供給不足

資材価格の高騰

建設業界の人手不足・高齢化

マンション建設コスト増

知る人ぞ知る圧倒的な不動産含み益

不動産含み益に対してあまりに乖離する時価総額

保有しておくと良い銘柄

編集後記

を考察した内容となっております。ぜひNEKO TIMESをご登録の上、お読みください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、7553文字あります。
  • 不動産セクターをなぜ長期投資先としてお勧めしているか
  • 不動産含み益に対してあまりに乖離する時価総額
  • 最後に

すでに登録された方はこちら

読者限定
解説|BRICSの拡大と加速する米ドル離れ
サポートメンバー限定
5月CPI・FOMCを無事通過した際に押さえておくべき銘柄21選
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|ゴールドの動きにみる世界の分断
サポートメンバー限定
100億円の運用担当者ならどのようなポートフォリオを組みますか?インド...
サポートメンバー限定
相場見通しー世界的な金利上昇が株式市場の重しに
読者限定
解説|人口動態でつかむ経済成長ー株価は10倍以上に
サポートメンバー限定
【必見!】半導体セクターで密かに輝く個別銘柄について深く考察します。