「ねずみ講」とも揶揄される暗号資産ー"猿"も稼ぐNFT?

インド中央銀行高官は暗号資産を本源的に価値のないものといい、一方でセレブはこぞって大金でNFTアートを購入しています。日本でもNFTと冠するサービスやプロジェクトが多数発表されています。
猫組長 2022.02.18
読者限定

こんにちは、NEKO PARTNERS岩倉です。毎週金曜のニュースレターではビジネスや経済のトレンドについて解説していきます。

今週もNFTに関する話題が多かったように感じます。インド準備銀行(RBI)副総裁のT. ラビ・サンカー氏は暗号資産を「本源的価値がないことから、ねずみ講に似ているか、もっと悪いものだと見ています」と発言しました。インド政府が仮想デジタル資産を法定通貨と認める動きを見せる中、強く非難する姿勢をみせた形です。

一方で、日本ではメルカリ(過去記事)の動きに加えて、楽天グループもNFTをめぐる動きを加速している報道がありました。また、JTBは「鉄腕アトム」を用いたNFTトレーディングカードを開発・販売すると発表しています。引き続き、国内ではさまざまなNFTプレイヤーが生まれています。今週のニュースレターでは、このバブルといえるNFT業界の動きを改めてみていこうと思います。

<本日のトピック>
・NFTで注目される"猿"
・NFTとグローバルなモノの移転
・無法地帯から秩序へ

[お知らせ] 猫組長TIMESでは注目銘柄や相場の見通しに関するニュースレターを有料購読者に限定して配信しています。今週は専属アナリスト中沢氏よりウクライナ情勢の解説と過去推奨銘柄の振り返りを行いました。有料購読への切り替え後ご覧いただけます。

今週末は猫組長による「相場見通し」の配信があります。見逃しのないよう事前にお手続きをお済ませください。ログイン後、メニュー画面から購読種別を変更することもできます。ニュースレターに登録していない方は下記ボタンからご登録ください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3146文字あります。
  • NFTで注目される"猿"
  • NFTとグローバルなモノの移転
  • 無法地帯から秩序へ

すでに登録された方はこちらからログイン

企業統治は社長のガバナンス強化から?ー不祥事から株価20倍に
読者限定
米国10年利回りが4%到達-9月FOMCから見る株式相場の終着点
読者限定
今週の相場見通し Everything is no good
有料限定
世界に散らばる「リスク」ー核戦争・バブル崩壊は最悪シナリオか
読者限定
2030年に市場規模が40倍に?次世代半導体MRAMを探る
有料限定
今週の相場見通し フェデックスショックと9月FOMC
有料限定
英国は「栄光ある孤立」か、インド太平洋に触手をのばす二枚舌
読者限定
ZOOMミーティングのお知らせ
有料限定