解説|2023年は世界の分断は続くのかー脱中国、脱コロナに向かう世界の行方とは【毎週金曜日配信:世界経済とビジネスがわかる】

日本国内では増税をめぐり議論が始まろうとしています。世界に目を向ければ米国内でも議会の混乱があり、英国をはじめ欧州でも国内の状況は不安定です。内政を整えなければならない状況、コロナ禍により制限を受けた移動・経済活動の再開道半ばで、世界は未だ分断しています。
猫組長 2023.01.06
読者限定

猫組長TIMESは、短期目線に振り回される投資家を救済することを目的に、マクロかつ中長期の視点からビジネス・経済や為替・株式市場の話題を取り上げます。投資家に限らずビジネスパーソンの方も数多くご登録いただき、15,000人規模のニュースレターメディアとして、成長を続けています。

有料版ニュースレターでは、個別銘柄の値動きの解説も行い「売買の意思決定に直接関わる情報」を読者限定で配信しています。日曜日に配信する【猫組長|今週の相場見通し】では為替動向にも触れます。水曜日に配信する中沢氏が分析する日米株式情報も見逃せません。一部配信を有料読者に限定し、個別銘柄を解説しています。そして、有料版読者の皆様には特典として猫組長と直接交流できるオンラインライブイベントへご招待しています。

【お知らせ】1月1日号では猫組長による新春鉄板銘柄を公開しています。有料購読者限定情報となりますが、お見逃しなく!

***

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。謹んで新春をお祝い申し上げます。 本年も引き続き猫組長TIMESニュースレターを皆様にお届けいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、2023年、みなさんはどのような1年になるとお考えですか?SBIホールディングス会長北尾氏は今年の干支「癸卯(みずのと・う)」をふまえて、次のように考察しています。

十干の最後となり転換期になることが多い年です。(中略)今年は次の新しい十年の飛躍に向けた布石を打っていく年です。従って、万事筋道を立てて熟慮し、それに則って計画を立ててテキパキと処理していかなければなりません。筋道を逸脱し、方針が曖昧だと人々の不平・不満が爆発して、混乱をきたし「一揆」が起きることもあります。
北尾吉孝(SBIホールディングス会長)

毎週金曜日の猫組長TIMESでは話題のニュースを取り上げながら経済・ビジネスのトレンドを解説しています。本日、金曜日の新年初回配信では2023年の世界情勢をふまえて、どのような1年になるのか考えます。2022年の振り返りから始めたいという方は過去記事もぜひご覧ください。

<本日のトピック>
・政治的混乱と景気後退・インフレに苦しむ世界
・脱中国、サプライチェーンがシフトする先
・コロナとの闘いは終わりへ向かうのか

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4029文字あります。
  • 政治的混乱と景気後退・インフレに苦しむ世界
  • 脱中国、サプライチェーンがシフトする先
  • コロナとの闘いは終わりへ向かうのか

すでに登録された方はこちらからログイン

1月29日開催 ZOOMミーティングアーカイブス
有料限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|EV戦国時代の新章へー先行するテスラ・BYD、出遅れたトヨタ
読者限定
銀行株から証券セクターへも波及するか-バリュー株の地殻変動
読者限定
今週の相場見通し
有料限定
解説|高まる地政学リスクと増える防衛費ー2023年は岸田外交の試練にも...
読者限定
日銀が金融緩和の継続を発表-内容と今後の見通しを解説します。
読者限定
今週の相場見通し CPI低下の米国、利上げ圧力の高まる日本
有料限定