解説|日経平均株価37,000円!円安の追い風と日銀の"緩和的な金融環境"

日経平均は一時バブル高値の節目となる37,000円を超えました。半導体関連企業を含む米国市場の最高値や円安による輸出企業の好決算が後押ししています。また、日銀総裁らのマイナス金利解除とそれ以降の金融政策を市場は意識します。
NEKO TIMES 2024.02.09
読者限定

NEKO TIMESは、短期目線に振り回される投資家を救済することを目的に、マクロかつ中長期の視点からビジネス・経済や為替・株式市場の話題を取り上げます。投資家に限らずビジネスパーソンの方も数多くご登録いただき、20000人を超える読者の皆様が購読するニュースレターメディアとして、成長を続けています。

サポートメンバー(有料会員)向け配信では、個別銘柄の値動きの解説も行い「売買の意思決定に直接関わる情報」を読者限定で配信しています。日曜日に配信する【猫組長|今週の相場見通し】では為替動向にも触れます。水曜日に配信する中沢氏が分析する日米株式情報も見逃せません。一部配信を有料読者に限定し、個別銘柄を解説しています。そして、有料版読者の皆様には特典として猫組長と直接交流できるオンラインライブイベントへご招待しています。

***

こんにちは、NEKO ADVISORIES 岩倉です。毎週金曜日のNEKO TIMESは話題のニュースを取り上げ、経済・ビジネスのトレンドについて解説します。

本日2月9日、東京株式市場は終値で3万6897円となりましたが、前日に引き続き取引中に節目となる37,000円を超える時間帯がありました。日経平均はバブル以来34年ぶりの水準に達しています。前日のニューヨーク市場は2日連続でダウで史上最高値を更新していることも好材料になったと言えましょう。

直近では「あおぞら銀行」の株価が大幅下落というニュースもありました。新NISA制度が開始し株式市場への関心が高まる中、高値を更新し続けていることに個人投資家のみなさんでも警戒感を持っている方も多いでしょう。

本日は日銀総裁の発言や個別銘柄の動きを捉えながら、日本経済や日本株の現在地を確認していきましょう。

<本日のトピック>

  • 日本株も半導体関連が牽引

  • 海外勢思惑と「緩和的な金融環境」

  • 円安という追い風

【お知らせ】NEKO ADVISORIESは新規会員募集を再開いたしました。募集再開から1ヶ月で300名以上の方にご入会頂いております。会員が一定数を超えましたら、再び新規入会を制限させて頂きます。ご興味のある方はこの機会にぜひご入会をご検討ください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3366文字あります。
  • 日本株も半導体関連が牽引
  • 「緩和的な金融環境」と海外勢の思惑
  • 円安という追い風

すでに登録された方はこちら

読者限定
解説|BRICSの拡大と加速する米ドル離れ
サポートメンバー限定
5月CPI・FOMCを無事通過した際に押さえておくべき銘柄21選
サポートメンバー限定
今週の相場見通し
読者限定
解説|ゴールドの動きにみる世界の分断
サポートメンバー限定
100億円の運用担当者ならどのようなポートフォリオを組みますか?インド...
サポートメンバー限定
相場見通しー世界的な金利上昇が株式市場の重しに
読者限定
解説|人口動態でつかむ経済成長ー株価は10倍以上に
サポートメンバー限定
【必見!】半導体セクターで密かに輝く個別銘柄について深く考察します。